お金 借りる

更新日:2014/08/21

キャッシング商品の特徴


消費者への融資商品として、現在はキャッシングとカードローンがとても有名になっています。これらは基本的にほとんどの金融機関で扱われており、銀行だけでなく消費者金融でも人気の高い商品になっています。

しかしどちらも消費者への融資商品というジャンルに属しながらも名称に違いがあります。厳密にこれらの商品名が異なる理由を把握している方は少ないかもしれません。しかし元々これらの商品ではその基本的性質が異なっており、想定される利用方法にも違いがありました。最近ではあまり明確な区別がなくなってきていますが、本来の利用方法を知っておくとより効果的にこれらの商品の利用が出来ると思われます。まずはこの2つの融資商品の利用方法の違いを見てみましょう。本来キャッシングというのは少額の融資を受け、短期間で一括返済することを前提として誕生した金融商品です。それに対し、カードローンは比較的高額の融資を受けて長期間かけて少しずつ返済していくのが元々の商品内容になっていました。現在ではどちらの商品も分割返済が一般的になっており、融資枠にも目を見張るほどの差はありません。

それに加え、現在はどちらの商品も金利にそれほど差がなくなっていますが、以前は一括返済を想定したキャッシングの方が金利は若干高めに設定されていましたこうした変化から、誕生当初には存在した2商品の垣根はなくなっていると言っても過言ではありません。とはいえ元々少額融資と一括返済がセットになっていたキャッシング商品を利用する場合には、出来るだけ一括返済を想定して借り入れを行う方が精神的負担も少なく済むと思われます。

債務整理をする時のコツ


債務整理を行う場合には様々な項目を考えながら取り組む必要があります。特に複数借入れをしているキャッシング等の借入れを一つのローンにまとめて利用する事で余計な返済の負担や金利の支払いをしないで済むようにするものなので、できる限り早い時期におまとめローンを活用しておくと安全に返済を済ませることができます。債務は長い時間かけて返済する事になるとそれだけ負担が大きくなるので、しっかりと安全に返済できるように新規におまとめローンを契約してしまうのが一番確実です。返済が済んだ後には他のサービスは自分自身で解約するなど工夫すれば信用情報等の修正にもつながりやすいのでしっかりと気をつけて整理に取り組むと良いでしょう。個人で債務整理をする時にはまずは自分で高めの借入れ限度額に設定されているサービスを見つける必要があります。既に借り入れているキャッシングやローンサービス等を一括にして返済していけるように必要な金額をまとめられるようにサービスを選ぶ必要があります。ある程度枠が大きいローンサービスを利用出来ればそのサービスからお金を借り入れて、他のサービスの返済にあてていくことで効率的に返済を進めることができます。またこのおまとめ返済もサービスの仕組みによっては借り入れてから1カ月や2カ月は返済の義務が発生しないような場合もあるので何度かに分散しておまとめ返済をしていくと数か月分は返済をしなくても済んでいるような状態にできるので事前の情報収集が何よりも大切です。

プロミスatm