武蔵野(関東中葉、北部田舎)は、水田でUSAつくり、畑で麦を生産しております。小麦のご飯として、うどんを摂る俗習あります。各家庭で、うどん打ち、醤油を最初の汁で熱い、刺々しい事柄にアレンジする。他人が、固まる様な頃(催し、グループ)や農村の休憩時(スナック)で食べております。その理由で、関東北部田舎でのうどんカルチャーを作りました。そのなごりとして、うどん屋君が、多いです。色々なうどんの食べ方が、ありますが、武蔵野での食べ方といったいて、豚肉という長ネギ(深谷ネギ)でスープ(鰹節、煮干し、昆布)で食する。簡単にするは、取り出し醤油で仕立てるのも良し。簡単であるが、ほんま美味しく頂けます。そこから発展したのは、焼うどんですね、醤油やリソースで異なりますが、色々なマテリアルを入れ、有名人リソースを添えるって、おいしく頂けます。整頓の内容で、グングン、拡がりあります。個人的には、夏は、オオバの刻み、もみ海苔や鰹節を乗せる。ソールフードで、現在は、地域おこしのマテリアルとしてつつある。http://www.upsidcltd.com/